ホームヘルパーへの転職をサポートします。ホームヘルパーへ転職される方を対象に転職ノウハウを記載いたしました。

電話応募のポイント

介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~ 噂の採用面接マニュアル:無料版

絶対得する!失業手当の貰い方「裏ワザ」集

電話応募の方法
電話応募から選考は始まっています!

このページでは施設・ヘルパー派遣会社へ応募する際の注意点を解説いたします。

応募が決まったら、まず施設やヘルパー派遣会社に応募や問合せの電話をかける事になります。
この電話はあなたからは職務内容、条件、面接日程の確認といった問合せの意味がありますが、面接する側は既に第一次選考を始めています。

施設に応募する際は施設の規模をよく確認し、小規模施設への応募は電話をかける時間帯を十分考えましょう。
特にデイケアを併設している施設は利用者が来初する時間帯、昼食時間帯は避けます。

電話応募の準備

まず電話をかける前に、しっかりと要件を整理して自分の質問項目をまとめましょう
慣れないうちは話し方も大切になります。質問事項をどのように聞くか文章化して1回は練習することをお勧めいたします。
施設から逆質問が来る場合があります。
したがって想定される質問については、返事ができるようにしておくことが大切です。

電話応募する時間帯は?

電話応募する際は募集広告が出た日の午前中が良いという意見がありますが、小規模施設への応募はデイケアを併設しているか否かを確認してから応募の時間帯を検討しましょう。
ホームヘルパー以外は一般的に採用数が少ないため、電話したら既に仕様が決まった後だったということがあります。
応募は募集広告を出した日を含めて2〜3日以内に行いましょう

固定電話から応募しましょう

携帯電話の普及が進み、固定電話を使う機会はあまりありません。しかし携帯電話は電波の強弱で相手に言葉が聞こえにくくなったり、音質が変化したりします。
したがって応募の際は静かな環境で、できるだけ固定電話から応募するように心がけましょう。
また事前にメモを作って問い合わせたり、面接の日時や面接会場までの交通など控える場合のことも考えて、テーブルのある場所が適当です。
やむを得ず勤務先から転職活動をする場合は施設外から電話を掛けることになりますが、その際は相手に「やむを得ず携帯電や公衆電話から掛けている」ことを伝えておけば良いでしょう。

労働条件についての質問は電話では行わないこと

業務内容や年齢制限など応募資格要件についての一般的な質問は当然行ってください。
しかし休日や労働時間、給与等については面接時に確認するようにして最初の電話応募では行わないのが基本です。最初の質問は非常に大事です。応募者が一番関心ある事項としてとらえます。最初の質問が労働条件や給与についてであれば、仕事内容よりも勤務条件にしか関心がない人と判断されてしまう恐れがありますので注意してください。

電話では氏名を名乗り要件を伝えてから本題に入りましょう

電話で問い合わせする場合、自分の名前を名乗らない応募者は意外と多いです。
「聞きにくいことは匿名で確認して、条件が合えば応募しよう」と考えているようですが、施設側は匿名の電話には細かい内容は返答しないばかりか、名前を確認しようと質問をしてきます。社会常識上も問い合わせをする以上は氏名を名乗るべきです。

噂の採用面接マニュアル:無料版

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional