ホームヘルパーへの転職をサポートします。ホームヘルパーへ転職される方を対象に転職ノウハウを記載いたしました。

介護施設従業員の採用率・離職率

介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~ 噂の採用面接マニュアル:無料版

絶対得する!失業手当の貰い方「裏ワザ」集

ホームヘルパーへの転職は、現場を見て仕事を理解して応募することが大切です!

ヘルパーの1年間の採用率・離職率・・・「採用率22.6%、離職率18.7%」

これは何を意味するのでしょうか?

10人のヘルパーのうち、1年間に2人が辞めて新しい人に入れ替わるということです。

さらに離職者の内訳は、就労1年未満で辞めている人は39%、1年以上3年未満で辞めている人は36.5%です。
つまりヘルパーは3年間で75.5%の人が辞めてしまうということです。

仕事はどこの業界でも厳しいものです・・・

介護業界は厳しいと言っても、統計上のこの数字にはもっと深い意味があるように思います。介護業界には天職として生きがいを持って長年働いている方はたくさんいます。また訪問介護職(ホームヘルパー)の勤務形態が自分のライフワークと上手く合っていて働きやすいと感じている人もおります。ではこの数字何を物語っているのでしょうか?明確な意思を待たずにヘルパーに就いた方が理想と現実の違いに驚き、離職していった方が非常に多いということです。ヘルパー希望者には「身の回りお世話をする」という印象や、ホームドラマなどで老人と和やかに談話している状況を見て、「簡単にできる」と錯覚して転職してくる人が多いのが現実です。慢性的な人手不足から、求人も豊富にあります。他業種の求人が無いから介護職へ応募した人も意外に多いです。採用側も人手不足から、「この人はちょっと・・」と思っても採用してしまうのも現実です。仕事はどこの業界でも厳しいものです・・・腰かけや生半可な意思では決して長続きはしません。介護業界の良いところばかりを強調したパンフレットを頼りにするのではなく、実際に介護を行っている人の話を聞き、現場を見て転職することをお勧めします。

nolink,介護施設従業員の採用率・離職率
表は平成20年度 介護労働実態調査結果(介護労働安全衛生センター)より

噂の採用面接マニュアル:無料版


powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional